サムスン電子は、世界的な企業イメージやブランド価値を高めるために、30年前からオリンピックマーケティングに集中してきた。 1988年のソウルオリンピック地域スポンサーをはじめ、今年平昌冬季オリンピックまで12夏季・冬季オリンピックを主催した。 2020年に東京で開催される夏季オリンピックも公式スポンサーとして活動する予定だ。
[スポーツマーケティング]サムスン電子、30年間のオリンピック12回後援…ブランド価値11倍↑
サムスン電子のオリンピックマーケティングは、主にスマートフォンに集中した。オリンピック大会期間誰でも簡単に使用することができるモバイル環境を構築し、自然に、サムスン電子の携帯電話の価値を引き上げるという意図だ。モバイル技術を介して迫力あふれる勝負の現場をオリンピック観衆にリアルタイムに配信したという評価も受けた。 2018平昌冬季オリンピックと2020年東京オリンピックのスポンサーの範囲をスマートフォンでタブレット、ノートブック、デスクトップPCなどに拡大した。マーケティング効果を正確に見た判断からだ。実際インターブランドによると、サムスン電子のブランド価値は、2000年52億2000万ドルで、2017年に562億4900万ドルで、17年の間に約11倍に急増した。 2011年からはグローバルスマートフォン市場シェア1位の企業に上った。
マーケティング方式も日々進化している。サムスン電子は、2004年のアテネオリンピックから国際オリンピック委員会(IOC)関係者にオリンピック関連の情報を携帯電話でリアルタイムに送信することができるサービスである「すごい(Wireless Olympic Works)」を提供した。 2014年ソチ冬季オリンピックでは、すごいサービスを全世界のスマートフォンユーザーが書き込むことができるモバイルアプリ(アプリケーション)に公開した。また、当時の最新のスマートフォンであったギャラクシーノート3をオリンピック参加選手全員に提供した。
最後に来年行われる東京2020オリンピックだが、その観戦チケットが当たるキャンペーンをサムスンGalaxyサイトで行なっている。
東京2020オリンピック観戦チケットが総計1万2020名様に当たる!キャンペーン
このリンク先にあるような直接販売と繋げるスポーツマーケティングはサムスンだけではなく、Panasonicでも行なっている。販売に直結したキャンペーンを各社実施することはある意味、オリンピックマーケティグの効果が見えにくくなった面からきていると言える。

No comment


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL