マーケティングにおいては「分析」が必要不可欠です。そのマーケティング分析の中には「SWOT分析」というのがありますが、これはいったいどのような分析法なのか、ご説明していきましょう。


SWOT分析には内部分析と外部分析がある
SWOT分析は大きく分けて「内部分析」と「外部分析」から構成されています。内部分析は要するに「自己分析」と同じになります。外部分析は競合と市場分析となるでしょう。SWOT分析はマーケティング手法の中の3C分析とほぼ同じ意味になるのです。


SWOT分析は3C分析と同じ?
SWOT分析で長所と短所を分析する事は、3C分析において「Company(自社)」にあたります。また、3Cの中でもCustomerとCompetitiorからも導き出せるでしょう。そのためSWOT分析は3C分析とほぼ同じです。要するにSWOT分析の目的は、自社のビジネス環境における成功要因を引き出すためでもあるのです。


SWOT分析をしていこう
SWOT分析では相対評価がベースとなります。自社の強みや弱みは相対的な評価となるのです。これによって複数人でSWOT分析を進めると、必ず強みと主張しても「弱み」と反論する人もいるなどして、認識にズレが出てきてしまうでしょう。このようにズレが生じる原因としては、ターゲットである顧客をきちんと特定できていないからというのも十分考えられます。顧客のプロファイルを明確に特定できさえすれば、このような認識のズレは本来避けられるはずです。最終的にはビジネスで標的にできるターゲット市場が存在するので、まずはSTP分析を行っていき、そのターゲット市場に対してSWOT分析を行っていきます。

マーケティング – トリプルメディア

No comment


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL