“analytics”
マーケティングツールの役割について考えていきたいです。現在、SEO分析やマーケティングオートメーション、インバウンドマーケティングツール、オウンドメディアマーケティングツールなど広域にわたってマーケティングツールが出回っています。
みなさんのよく知るGoogle Anlyticsもそうですね。こういったツールの目的、使用用途は分析>改善の繰り返しになっているよ思います。いわゆるPDCAです。それでこの循環をより早く正確に行えるのが「マーケティングツール」だと思っています。
ただこれって顧客目線じゃないな、と思うんですよ。使用する側のメリットばかりが先行していると思います。本当に必要なのは「顧客の喜びの創出」のはずです。ただ、現在は売り手がどううまく売れる仕組みを作るかこういった観点に着目しすぎなのではないかと思います。(もちろん、作ってる側も売らなくてはいけないのはわかってます
)。
要はもっと「訪問者が喜んでくれるように改善するためのツール」ってないのかなと思います。それって非常に難しいけどお金のある企業が頑張ってください!
マーケティングツール 「リスニングマインド」とは?

No comment


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL