ファネル分析とは、ユーザーの離脱状況から購入に結びつくためには自社サイトをどのように改善していくかを分析するための手段です。


そもそもファネルとは何でしょうか?


ファネルは漏斗(ろうと)を意味しています。ユーザーが商品を認知してから購入に結びつくまでのプロセスが漏斗でこしていくプロセスに似ていることからファネルと呼ばれています。


ユーザーが自社サイトへ流入してセールスに結びつくまでには、多くの人が購入に至らず離脱をしてしまいます。
実際に、多くの人が自社サイトに訪問しても購入するまで商品への関心や興味を失ってサイトから立ち去ってしまうことが多いでしょう。


ファネルの4つのプロセス


ファネルには4つのプロセスがあります。自社サイトの認知から購入に至るまでのプロセスにおいて確認すべき項目を簡単にあげていきます。


1. 認知-検索ユーザーに自社サイトを認知してもらうためには?
・ユーザーの検索キーワードの把握
・自社サイトのインプレッショントとリーチの把握
・検索キーワードに対応するコンテンツの有無


2. 訪問-訪問者を増やすには?
・クリック率の確認
・訪問者の検索ワード
・チャネル別流入数の確認


3. 商品への興味-リードを獲得するためには?
・リード獲得に貢献している資料の有無
・リード獲得に近いチャネルの把握
・リードにつながるキーワード


4.購入-購入してもらうには?
・購入ユーザーの分析
・流入から購入までの滞在時間
・購入に至らなかったリードへのフォロー


まとめ


流入数は多いけど購入に結びつくにはどうしたらいいのか?
そういったときはファネル分析から施策を考えていくのがいいのではないでしょうか。
ファネル分析では改善点を可視化するので、何をしたらいいかわからないときは目に見える問題への対策としてファネル分析を行うことをお勧めします。


本記事はこちらを参照を参照しました。

No comment


Name


Email (will not pubblished)


Website/URL